立体汗取りパット猛暑タイプを使ってみた感想。口コミ、評判

 

 

・実際に購入

健康・美容グッズ販売の「けんこうともだち」さんから立体汗取りパット 猛暑タイプを買ってみました。

支払いはクレジット対応なので簡単でした。

自宅にいない可能性を考慮してネコポスを選択しました。

ネコポス

ヤマト運輸株式会社が2015年4月1日より開始するサービスの一つ。 小さめの荷物を配送しポストに投函するもので、事前に契約した法人・個人事業主か、同社と契約のある個人間取引サイト(オークションやフリーマーケットサイト)を使った個人が利用できる。

ネコポス(ねこぽす)とは – コトバンク

商品のサイズは小さいので、不在時でもポストに入れておいてくれます。

配送当日に自宅にいない人はネコポスを選びましょう。

yamato-nekoposu

送料の点から考えても、ネコポスがいちばん安いですね。

ただし、ネコポスは代金引換が不可なのでクレジットカードが必須です。

 

開封

「立体汗取りパット 猛暑タイプ」が届いたので、実際に開封してみました。

簡単に中身の紹介をしてみます。

rittai-asetori-box

薄い白い箱が届きました。

rittai-asetori-package

ダンボールを開封すると袋が出てきました。

パットと取扱説明書はこの青色の袋に入っていました。

rittai-asetori-mitame

「立体脇汗パット 猛暑タイプ」が1セット(2枚)が入っていました。

パットの取扱説明書が1枚入っていました。

取扱説明書に書かれていたコラムで「へぇ~」と言ってしまった。

rittai-asetori-column

汗には、嫌な臭いの元となる、主にアポクリン腺とエクリン腺から出る汗の2種類があります。

アポクリン腺から出た汗の方が臭いやすく、ワキの下がいちばんアポクリン腺が多いとのこと。

また、ワキの下は外気に触れにくいため汗が蒸発しにくいのも臭い原因であるとのこと。

rittai-asetori-ryousyuusyo

支払情報が書かれた納品書が1枚入っていました。

注文金額や個数に間違いがないか確認しておきましょう。

rittai-asetori-henpin-koukan

納品書の裏面には返品・交換についての注意が書かれていました。

rittai-asetori-hagaki

rittai-asetori-hagaki2

あとは、販売店からのアンケート用ハガキが同封されていました。

実際にホームページに感想が掲載されたらQUOカード500円分かショップで使えるポイント1,000円分が貰えるとのこと。

興味のある方は応募してみると良いかもしれません。

 

・使い方

rittai-asetori-ura

商品の裏面(網目のある方)を脇に直接当てるようにして使います。

rittai-asetori-ura

パット裏面にあるハートのようなマークは「ワキ汗吸水スポット」です。

他の部分より分厚くなっていて、脇汗を効率よく吸収してくれます

この「ワキ汗吸水スポット」をワキ汗が出やすい部分にもってくるのが上手な使い方ですね。

rittai-asetori-omote

反対側(脇に直接当たらない側)は、網目がありません。

脇汗パットを着けているのを気づかれないようにするためか、肌の色に近いよう(ベージュ色)に作られています

脇に直接当たらない面はサラサラしていて、衣類と擦れにくいように出来ていますね。

 

・着用方法

汗取りパットと一緒に送られてきた取扱説明書を見ると分かりやすです。

1、図1に従い、ブラジャーの肩ヒモに(裏面が肌に当たるように)ストラップをあらかじめ取り付け、ブラジャーを着用します。

rittai-asetori-how-to-use

2、図2に従い、本体下部をブラジャーのワキの部分に差し込みます。

rittai-asetori-how-to-use

3、図3に従い、ワキ汗パット裏面の【ワキ汗吸水スポット】がワキのくぼみにくるように、ストラップのアジャスターで位置を調節してください。

rittai-asetori-how-to-use

(立体汗取りパット 猛暑タイプ 取扱説明書から引用)

取扱説明書に書かれていることは大体上記のようなことでした。

写真付きで説明してみます。

rittai-asetori-himo

rittai-asetori-himo

ブラジャーの肩ヒモにパットのストラップを取り付けます。

肩ヒモの部分でクルっと1周して引っ掛けるだけですね。

rittai-asetori-mitame

続いて、パットの下の面積の大きい膨らんだ部分をブラジャーのワキ部分に差し込みます。

rittai-asetori-kyusui-spot

最後に「ワキ汗吸水スポット」の部分がワキのくぼみ(ワキ汗の出やすい場所)にくるように調節します。

パットのヒモにアジャスターがついているので、位置を調節しましょう。

…とりあえず、商品の使い方や内容の説明はこんな感じですね。

 

良い点

・目立ちにくい

rittai-asetori-iro

私の腕とパットの色を並べて比較してみました。

立体汗取りパット 猛暑タイプは、装着していても目立ちにくいように作られています

商品全体が肌色に近い色(ベージュ色)なので、パッと見るだけなら分からないような仕様です。

rittai-asetori-sukeru

rittai-asetori-sukeru

ただし、白い服や薄い服を着るときは注意が必要です。

ワキの部分のパットが透けて見えてしまう場合があります。

できれば白以外の色付きの服を着るのをオススメします。

 

・音が静か(擦れにくい)

rittai-asetori-oto

パットと衣類が接触する部分は、サラサラなので擦れにくいです。

安物のパットだと、着けているときにカサカサと音がなります。

立体汗取りパットは、特殊マチ加工が施されているので音が小さいです。

 

・取り外しが簡単

rittai-asetori-torihazusi

ブラジャーのヒモにフックをかけるだけなので取り外しが楽です。

ワンタッチで着脱できるのに、動いても外れにくい作りになっています。

(さすがに激しい運動となると厳しいですが…。)

 

・長さを調節できる

rittai-asetori-adjust

ヒモの長さは透明の「アジャスター」で調節できます

rittai-asetori-nagasa

アジャスターの位置を動かして、ヒモの長さを自分に合うように調節しましょう。

また、ヒモ自体に伸縮性があり少しだけですが伸び縮みします。

 

アジャスターの使い方は簡単です。

アジャスター部分のヒモを引っ張るだけです。

簡単にヒモの長さを変えられますね。

 

・洗濯できる

立体汗取りパットは洗濯できます

取扱説明書に洗濯方法が書かれていました。

rittai-asetori-sentaku

注意点は、洗濯ネットを使用することと回転式乾燥機や塩素系の洗剤・漂白剤は使用しないことですね。

また、生地の性質上、乾燥に時間がかかります

 

・くり返し使える

洗濯できるということは、くり返し使えるということですね。

ワキ汗パットは使い捨てのものが多いですが、立体汗取りパットはダメになるまで使えるので経済的です。

 

・パットの厚さ

rittai-asetori-atsusa

パットを床において撮影した画像です。(両面です。)

「ワキ汗吸水スポット」の箇所は厚めに作ってありますが、それ以外の部分は薄いですね。

5層パッドで汗をガード

「立体汗取りパット猛暑タイプ」は、抗菌防臭加工の5層構造になっていて大量の汗や臭いをしっかりブロックしてくれます。

rittai-asetori-picture

引用元:http://www.multisito.com/asetoriputt/

立体汗取りパットは5層の構造になっています。

個人的に、5層ある割には薄くて使いやすい印象でした。

 

・吸水性がある

商品紹介ページに、吸水性について書かれていました。

カバー範囲の広い大判タイプ

カバー範囲が広い大判タイプなので、ワキの汗と臭いをしっかり吸収します。

rittai-asetori-picture

rittai-asetori-picture

引用元:http://www.multisito.com/asetoriputt/

他の汗取りパットと比べて決壊(汗漏れ)することが少ないとのこと。

rittai-asetori-kyuusui

実際に自宅の水道水をパットに垂らしてみました。

確かに良く吸ってくれます。

とくに真ん中にある「ワキ汗吸水スポット」は吸水性に優れている印象です。

rittai-asetori-mizu

水分を含んでも見た目に大きな変化はありませんでした。

(※画像の右側のパットが水分を含んでいます。)

強いて言うなら、水分を含むと若干色が濃くなったぐらいでしょうか。

水分を含ませてから気づいたのですが…パットは乾くのが遅いです。

 

・サイズが大きい

rittai-asetori

rittai-asetori-size

はじめの商品説明で書きましたが、パットのサイズは横幅最大11cm✕縦16.5cmです。

rittai-asetori

ちなみに、上の細くなっている部分は約7センチほどです。

大判立体パット

そんな悩みを解決するのが「立体汗取りパット猛暑タイプ」です。

何層にも重なったパットがワキにしっかり寄り添って、しっかりと汗を吸収してくれます。

ブラで挟み込むようになっているので、ズレにくくなっています。

どんな汗っかきさんでも対応できるように作られた汗取りパットです。

rittai-asetori-picture

汗っかきさんの多くの声をうけて開発者がこだわりにこだわって作られた新発想の「立体汗取りパット猛暑タイプ」は、『ワキにフィットする立体サポート』『 安心サイズの大判パット』『3点ロックで手軽に装着・ズレにくい』が特徴です。

rittai-asetori

引用元:http://www.multisito.com/asetoriputt/

公式サイトでは「大判立体パット」と書かれています。

ワキ汗パットの中では大き目のサイズになりますね。

サイズが大きいので、広範囲の汗をカバーできますね。

 

・注意点

・女性用の商品

「立体汗取りパット 猛者タイプ」は、基本的に女性用の商品です。

ブラジャーのヒモに引っ掛けて使用する商品です。

(男性でブラジャーを着けている人なら使えなくもないですが…。)

男性用の脇パットが欲しいなら別のものを選んだ方が無難でしょう。

 

・激しい動きに注意

激しい動きを伴う運動やスポーツをするなら注意が必要ですね。

パッドがズレたり、外れたりすることがあります。

 

・乾燥に時間がかかる

前の項目で書きましたが、パットは乾燥に時間がかかります

よく水分を吸収してくれるので、ある意味仕方ないことですが…。

 

・透けないように注意

薄い服や白い服は、パットが透けて見えることがあるので注意しましょう。

できれば色つきの服を着た方が良いでしょう。

 

・洗濯方法に注意

rittai-asetori-sentaku

立体汗取りパットは洗濯ができますが…洗濯のやり方に注意しましょう。

回転式乾燥機や塩素系の洗剤・漂白剤の使用は控えましょう

また、洗濯ネットは必ず使いましょう

 

・値段がやや高め

次の項目でも書いていますが。1セット(左右合計2枚)で2,000円ほどです。

(性能を考えると仕方のないことですが…。)

小林製薬やアイリスオーヤマ等で販売されている格安の使い捨てパットは400円~とかなり格安です。

安いパットを買うか、今回紹介している「立体汗取りパット」を買うかは個人的な好みとお金次第でしょう。

個人的に、使い捨てより繰り返し使える「立体汗取りパット」の方が長く使うならお得だという印象です。

 

・小林製薬のワキ汗パットの商品例

リフ あせワキパット あせジミ防止・防臭シート ブラック 20枚

新品価格
¥397から
(2017/11/13 20:01時点)


・アイリスオーヤマのワキ汗パットの商品例

アイリスオーヤマ 脇汗パット 汗とり ホワイト 40枚入り ATP-40P

新品価格
¥382から
(2017/11/13 20:04時点)

(※商品の値段は2017年11月13日時点のものです。)

 

・まとめ

rittai-asetori-pat

「立体汗取りパット 猛暑タイプ」を実際に買ってみてレビューしてみました。

ワキ汗吸水スポットが汗をよく吸ってくれますね。

洗濯ができますし、くり返し使えるのも良い点ですね。

ただ、乾燥に時間がかかるのが気になりましたね。

 

・公式サイト

立体汗取りパット猛暑タイプ