フレッシュマックスシャツを実際に使ってみた感想。口コミ、評判

 

 

・開封

公式サイトで注文しました。

注文から数日で佐川急便からシャツが届きました。

fresh-max-shirts

開封してみました。

fresh-max-shirts

袋に入ったシャツと納品書が1枚入っていました。

fresh-max-shirts

納品書の画像を載せておきます。

支払方法や合計金額、届け先、注文内容などが書かれています。

念のため、間違いがないかチェックしておきましょう。

1着で税込み6,500円…シャツにしては値が張ります。

fresh-max-shirts

シャツはこんな感じですね。

色は青、サイズはLのものを注文しました。

見た目は普通のシャツと特に変わりません

 

・見た目、質感

フレッシュマックスシャツの見た目や質感を画像付きで説明します。

fresh-max-shirts

襟元です。

よくあるカッターシャツやワイシャツと作りはほとんど変わりません。

fresh-max-shirts

襟元にはフレッシュマックスシャツのロゴとサイズのタグがあります。

今回はLサイズを購入しました。

fresh-max-shirts

ボタンは白色です。

fresh-max-shirts

服の正面のいちばん下と上のだけボタンの穴が横向きです。

(ボタンの穴を横にすることで左右の引っ張りに強くなるから?。)

fresh-max-shirts

左右の袖にはボタンが2個ずつあります。

こちらは1つだけ穴が横向きになってますね。

fresh-max-shirts

袖のボタンを外せば、腕をまくれます。

fresh-max-shirts

fresh-max-shirts

夏の暑い時期でも、ボタンを外せば半袖になれるので便利ですね。

fresh-max-shirts

服の全体の写真。

胸ポケットはありません。

届いてすぐのたたみ方を見ると、袖が胸ポケットのように見えて勘違いしてしまいました。

fresh-max-shirts

縫い目に黒いカバーがされていました。

縫い目がほつれないようにするするための補強だと思われます。

裏側の写真。

fresh-max-shirts

シャツの質感(表)です。

表面(まわりから見える側)はサラサラしています。

fresh-max-shirts

シャツの質感(裏)です。

表面と違って少しザラザラしています。

 

・着用、使用感

fresh-max-shirts

実際に着てみました。

綿100%なので風通しが良いです。

fresh-max-shirts

襟の部分にネクタイを通せます

ちゃんとビジネス用に使えるように配慮されてますね。

私は私服用なので青を選びましたが、ビジネス用なら白の方がいいかもしれません。

スーツと合わせても使えますね。

私服・ビジネスどちらでも対応できるデザインになっています。

 

・特徴

フレッシュマックスシャツの特徴を、服に付属されていたタグを使って説明します。

fresh-max-shirts

フレッシュマックスシャツは表と裏の両側に特殊な加工が施されています。

裏側(肌側)はSmartweave技術により、水分を拡散してくれます。

表側(外側)は水分は貫通せず、染みの発生を防ぐ加工がされています。

fresh-max-shirts

詳しくは上の画像の説明文を呼んでいただけるとより理解しやすいはずです。

また、公式サイトでも説明があったので引用しておきます。

汗が染みることのない生地は、フレッシュマックスの開発者であるイギリス人、オリバー・ヴァン・エムデンとブラッドリー・ローズの二人が8年もの歳月をかけて開発した生地、SmartWeave生地の織り技術に秘密が隠されています。

通常の生地は、水分が吸収されると拡散されずに生地を貫通します。しかし、特殊な生地構造により水分が生地を貫通せず、外側に拡散されるよう織り込まれ、吸収された汗(水分)が予め定められたルートを通って外側へ外側へと拡散していきます。

水分を貫通させず外側に広げることで、汗染みのもとになる生地内の水分飽和を防ぎ、また、水分が拡散して表面積を広げることで、蒸発スピードを早め、止めどなく流れる汗のスピードにも対応し、汗染みを防ぎます。

この水分を貫通させずにより広く拡散する技術こそがフレッシュマックスシャツに採用されているSmartWeave生地の最大の特徴です。また、このフレッシュマックスシャツに採用されている技術は、2010年にはアメリカで、そして日本国内でも2012年特許を取得しています。

(引用元:http://freshmax-store.com/?pid=66333712)

汗の染みにくさについての解説もありました。

どれほど汗が染みないかという点についても気になるところです。

フレッシュマックスシャツは第三者機関である一般財団法人カケンテストセンターによる「汗染みの見えにくさ」という評価項目で試験を実施しています。

通常、一般の綿生地に関しては1~2等級という数値になるものですが、フレッシュマックスシャツは等級4~5という非常に高い評価をいただいています

これは、綿100%素材の生地(シャツ)としては、驚異的な数字であり、いかに「汗が染みにくいか」という点を実証しているものといえます。

(引用元:http://freshmax-store.com/?pid=66333509)

fresh-max-shirts

fresh-max-shirts

何気に特許技術が使われているんですね…。

シャツ1枚に凄い技術を詰め込んでます。

 

 

フレッシュマックスシャツの効果を検証した動画です。

公式サイトにも掲載されています。

 

・公式サイト

フレッシュマックスシャツ